知れば知るほど断言できなくなる

知るということは、知らなかったことに気づくことです。

知らないことの可能性を考えると「100%大丈夫」と断言するのはむずかしいこともあるのです。

 

100%の保証が欲しい

相談にいったり説明をうけるときには「100%大丈夫です!」と断言してほしいものです。

それも目的だったりするので。

 

ですが「○○と思われます」とか「△△の可能性が高いです」にとどまるときもあります。

そんなときは、安心できないし、謎が深まるときもあるし、「相談する相手をまちがったかな…」と思ったり。

 

でも、こちらから行くのではなく、広告などに「100%!」と書いてあると逆に「ホント?」と疑うものです。

向こうから言ってくるときは怪しむけど、こちらから行くときは欲しいもの。

それが100%の保証ですよね。

 

知れば知るほど断言できなくなる

知るということは、知らなかったことが分かることです。

知る回数がふえれば、知らなかったことがいかに多かったかにも気づきます。

過去を思い出して「危ない橋を渡っていたかも……」と冷や汗がでることも、恥ずかしくなることもあったりなかったり……

 

こういう経験がふえると「100%大丈夫」という前に、身構えるようになるものだと思います。

相手がほしいものが分かるだけに断言したくはあるのですが。

 

ただ、登場人物や状況、時期、書類などもろもろについて1つでも追加があると、ガラッと結果が変わることは少なくありません。

税金のケタが1つ増えることだってあり得ます。

なので「100%」という前に押せるだけ念を押しますし、それなりに時間がかかることもあるのです。

 

打てば響くように、質問にたいしてスパッと即答するのが「できる人」かもしれません。

「与えられた情報だけなら○○です」とは言えるでしょうが、それは解決になるのか……?

 

つまり、「100%」と断言しないのは、裏でいろいろな可能性を考えているからなのです。

それを1つ1つどうやって聞いていこうか、確認していこうか、と段取りを考えたり時間の調整などなど……(;^ω^)

 

この世に絶対はない、という言葉

自分の好きな言葉のひとつに「この世に絶対はない」があります。(違う表現だったかもしれません)

絶対に大丈夫と思っても安心しない。

絶対にダメだと思ってもあきらめない。

こんな意味のはずです。

 

事業をしていると、他人の成功と自分の失敗に目がいきがちです。

でも、これって逆なんじゃないだろうか。

他人の失敗を参考にして、小さくてよいので自分の成功をきっかけにする。

すると、絶対にダメだと思ってもあきらめないことにつながるかも…。