固定資産を購入するときの付随費用

固定資産とは?

商品のように販売するものではなく、自分で長く使うものを固定資産と言います。

車やエアコン、コピー機、建物、ソフトウェアなどがあります。

これらはすべて、高いものですよね。

問題は、支払ってもすぐには経費にならないことです。

取得価額を何年かに分けて、経費にしていきます。(減価償却について)

さて、固定資産を購入するときには、いろいろな支払いも同時にありますよね。

取得価額に含まれなければ、すぐに経費にできます。

その取得価額に含めるもの、含めなくてもよいものを見ていきましょう。

取得価額に含めるもの

固定資産を購入するためにかかるもの、そして使うためにかかるものは、基本的にはすべて取得価額に含めます。

引き取るための送料、保険料、手数料、関税などがあります。

取得価額に含めなくてもよいもの

① 借り入れしてものを購入したときの利息

② 不動産を購入するときの不動産取得税、登録免許税、司法書士さんへの報酬など登記にかかるもの

③ 車を購入するときの自動車取得税などの税金、車庫証明などの法定費用、自賠責保険料

④ 建物の建設予定を変更して不要になった基礎工事代など

⑤ あるものを購入するつもりだったけれど、キャンセルして違うものを購入する場合の違約金

最後に

固定資産の購入は、大きな出費ですよね。

ですが、すぐには経費になりません。

大きな出費があるのに、利益を減らせないので、それなりの税金もかかります。

固定資産を購入する前の計画も大事ですが、付随費用ですぐに経費にできるものは経費にし、仕組みを確認したうえで税金対策をしていきましょう。

(注)この記事は、作成時点での法令等に基づいております。また、細かい法令等をざっくり解説していますので、実際の適用にあたっては、税務署・税理士等への確認をお願いいたします。